• Wifiの通信速度に違いがある理由

    Wifiは、もともと無線回線として提供されているサービスですが、有線回線と比較してもとても通信速度が速いというメリットがあります。

    本来、無線回線は無線と比較して通信速度が遅くなってしまうことが多いのですが、Wifiに関してはインターネットや動画あるいはゲームを楽しむために十分な通信速度を誇っています。ただ通信速度が速いとは言っても環境によってはその速度音が大きく異なってしまうこともあるため、この点に関しては知っておかなくてはいけません。


    無線回線を利用する場合には、その電波を受け取るための専用の機器が必要になります。



    その機器を設置することによって初めて通信を行うことができるようになるわけです。
    この通信機器を受け取るための装置というのは住宅の中に設置して、デバイスにデータを受信させるように工夫しなくてはいけません。
    無線回線の場合は電波を飛ばしていますのでその電波を効率的に受け取ることができるようにしておく必要があるわけです。

    この点に関して注意をしておかないと効率的に電話を受け取ることができなくなってしまいます。



    例えば、壁が分厚い場所に設置してしまうと電波をうまく受けとることができなくなってしまいます。

    実際に、鉄筋コンクリートなどで覆われた場所に電波を受信する装置を置いてしまうと繋がりにくくなってしまうため、他の場所と比較して通信速度が落ちてしまう可能性もあります。



    設置場所を少し変えるだけで速くなる可能性もありますので、Wifiを利用する時には設置場所を考慮してサービスを利用しなくてはいけません。