• Wifiは利便性が高いが通信速度に難点が

    Wifiは現在広く広まり家庭や会社は当然のこと、公の場所もWifiが公開されている所が多くなっています。


    これだけ急速に普及したWifiについて、有線より優れている所や劣っている所はどこかという事を確認してみましょう。
    まず先に悪いところですが、Wifiでは電波を使います。


    電波は空間に広がるため管理者が把握していない機器が勝手に受信できてしまうという、セキュリティー面の問題がありこれを克服する必要があります。二つ目は通信速度が安定しないという点です。

    電波の強さがそのまま通信速度につながるため親機から距離が離れる、障害物がある、ほかに電波を出す機器があり干渉するなどのことが起きると、あっという間に通信速度が低下してしまいます。



    電波を同時にやり取りできる親機と子機は1ペアだけなので、機器の数が増えると1台当たりの通信量が低下してしまいます。



    悪いところばかり並べましたが、この悪いところがあってもそれを上回るよいところがあります。

    それは配置が自由という点です。
    邪魔なケーブルを配線する必要がない、機器を持って動いても使用できる、離れた距離でも使用できるなど、Wifiは利便性が非常に高くなります。

    また機器にはLANケーブルの差込口が必要なく、アンテナを搭載すればよいため機器全体を小さくできます。



    つまりタブレットやスマートフォンのような手でもてるサイズのものでも、LANに接続できるようになりこれもまた利便性が高くなります。